幹部昇格!!

風俗スカウトマンになり約3か月半が過ぎ、仕事にも慣れてきた頃でした。
風俗に入店させた女の子、在籍人数もたくさんかかえ、結果もしっかりでて、給料も大学生のアルバイトの給料では、桁違いの給料をもらっていました。
遊びにもガッツリお金を使ったり、ブランド物などをたくさん買ったり、車も購入して満足のいく生活を送っていました。

 

ある日、個人結果では結果がでているので、幹部になってみては?
と言われ幹部ってちょっとめんどくさそう。
自分で風俗に働く女の子を入店させている方が楽勝。
と思いながらも断れず幹部に昇格!!
たいていの人は喜ぶと思いますが、僕の場合はどちらでもなかった気持ちでした。

 

幹部になり仕事の量はとても増えました。
その分給料も倍増はしたのですが。
まず自分の部下のスカウトマンに風俗で働く女の子をこうやって言いまわしていれるんだよ。
未経験の女の子には、こういう言いまわしを使って入店させるんだよ。
などなど、たくさんの事を教えてはいたが、なかなか部下には伝わらず。
僕やったらこうするのにと思った事も部下は全くできず。
人を教えるのは大変だとつくづく実感。
ましてや風俗スカウトマンなんて様々なやり方があるので、自分にあうやり方を早く見つけて欲しい。
部下に細々な事を教えるより結果で示せ!
と思い自分でとりあえず結果をだし、背中を見せながら教える事にしました。

 

その結果、部下はしっかりついてくる人はついてきました。
辞める人数は多く、残る人数の方が少なかったですが、残ってくれたスカウトマンはみんな結果をだせるスカウトマンばかりだったので、結果よかったです。
こういう幹部もありだなと自分の中では納得。

 

風俗で働く女の子は、みんなお金を稼ぎたいのが前提であるが、1人の女の子と考えた時に、この女の子をどれだけ自分が考えてあげれるか?
どれだけ親身になり、仕事以外でもその女の子の相談をのってあげれる事ができるか?などしてあげるスカウトマンがやっぱり1番稼げる。
なので、その点ができないスカウトマンはやっぱりいつまでたっても稼げないしすぐ辞める。
冷酷ではあるが、その事をできないスカウトマンに時間を使うより、そのことをできるスカウトマンになんぼか時間をかけてあげた方が良いと思った出来事でした。
ちなみにこの考え方は、人によっては真逆の人もたくさんいるので、僕の考えです。

 

いざ幹部になり、考え方も少し成長できた瞬間でした。