風俗スカウトマンのイメージ

風俗スカウトマンって微妙!
世間的からみれば全然みとめられない職業!
遊びの延長だ!
何も考えずに仕事をしている!
楽してお金を稼げる!
などあまり良いイメージではないでしょう。

 

世間的にみれば、今もそこまではよくないが、良くないと思う人がいればその人がやっていない人であったり、スカウトマンをして稼げなかった人なのではないかと思う。
そんな仕事よくやるね。
とか言ったりする人は、あなたはどこまで分かってる?あなたの職業はそんなに良い職業?などと逆に聞いてみたいと僕自身は思います。
風俗スカウトマンでも頑張っている人はたくさんいます。
中には適当にしている人もいます。
人それぞれ頑張り方は違っても、自分の目標、夢のために仕事をしていれば、職業がなんでも素晴らしい方だと思う。

 

風俗スカウトマンという響きはそこまで良くないが、若いうちから礼儀、礼節などにおいては、抜群にとびぬけていると思います。
なぜかというと夜の仕事の方が、縦社会が厳しい。
一概には言えませんが。
見た目は呑気な感じで仕事をしていると思われがちですが、あいさつなどはきっちりしている。
逆にあいさつできない人間は、仕事もできないと評価もされるであろう。
あいさつがそこまで重要?
と思う方もいると思いますがとても重要です。
全ての仕事においていえる事ですが、あいさつできない人間が、社会にでて通用はまったくしません。
仕事が遅くて、あいさつができる人間。
仕事が早くて、あいさつできない人間。
とては、後者の方が良い人材になるでしょう。
仕事をする際に上司や部下などたくさんおられます。
その中であいさつをしない人間がいたとすれば、はっきり言ってあまり良くは思われなく仕事がたとえ早かったとしても上の立場にはあがれないでしょう。
話が少しそれましたが、礼儀、礼節はとても重要だと実感しました。

 

イメージがあまり良くない職業と言ってますが、見方を変えれば良いイメージにもなります。
年功序列ではなく自分自身が頑張ればたくさん稼げる職業!
実力でトップにあがれる職業!
など、良いイメージの部分もたくさんあります。
人によってそのイメージをどう受けとるかによりますが、良いイメージ、悪いイメージなんて人それぞれの考え方によって違います。
人の考え方を気にする前に自分自身の考えをもって自分のやりたい事をすればそれで良いと僕は思います。
その考えを持てたのも、この仕事をしていたからです。